Close

セラピーをするためのスキルとは

セラピーには様々な種類があり、ボディケアセラピー、メンタルケアセラピー、リラクゼーションセラピー、医療セラピーなどです。【もっと詳しく知りたいなら・・・セラピーを学んでより良い看護を

医療セラピーは、医療行為を目的としたセラピーであり、理学療法や物理療法などをメインに治療を施します。基本的に医療セラピーでは、投薬や手術をせずに患者の能力や理学的根拠に基づいて治療を進めていきます。

看護師がセラピーの仕事をする際には、勤務をする場所によって、異なります。例えば、医療セラピーを専門に扱っている介護施設やクリニックなどで勤務をする場合には、理学療法士や物理療法士などリハビリに関するスキルが必要です。

リラクゼーションセラピーを専門に扱う場合には、アロマセラピーやハープセラピーなどのスキルが必要になります。リラクゼーションセラピーは、利用者に癒やしを提供し、ストレスの発散を目的としたものです。ボディケアセラピーは、主にリンパセラピーと呼ばれるものが主流となっており、身体に流れているリンパの流れを活性化させることで体の中の老廃物を排泄させることを目的としたものです。

この様に、セラピーにも様々な種類があり、今後はこの他にも様々なセラピーを利用した治療などが登場することも予想されます。また、セラピーは、主にクリニックやサロンで求人を出していることが多く、クリニックやサロンの多くは、プライベートとの両立がしやすいため、子育てをしながら働きやすい事も特徴の1つです。自分のライフスタイルに合わせたスキルを取得することが重要となります。