Close

業務上必要なスキルとは

看護師の6割以上が勤める病棟では、患者の診療が目的なので、いかに効率的に医療を行うかが最優先とされています。

もちろん、看護師が患者の訴えを適確に把握して容態の改善に努める義務はあるので、看護師に節度を持った一定のコミュニケーション能力は求められます。あまりに無愛想だったり、つっけんどんな態度だったりすれば別ですが、通院や入院する患者は、傷病の回復さえ問題なければ看護師の態度の細かい点について不平不満を述べることは比較的少ないと言えるでしょう。

特に、救急病棟などでは、患者の救命が目的であり、看護師に求められるスキルは、いかに迅速に適切な処置を行えるかだと言えるでしょう。しかし、看護師の職場は、病棟だけではありません。高齢者を扱う介護施設や障碍者を対象とする福祉施設のほか、幼児を預かる保育園や健康な人が利用する健診センターや献血センターなど、多種多様と言えるでしょう。

健康な人が利用する健診センターや献血センターでは、傷病の治療が目的ではないので、利用者は看護師に対して一般のサービス業と同様にホスピタリティを求める傾向があります。利用者は、健康診断というサービスを受けに来た客だという認識になりがちと言えるでしょう。利用者は健康なので、看護師が接する態度を観察する余裕があることも忘れてはいけません。看護師が機械的、または事務的な対応をすると、クレームの対象になることもあるので注意が必要です。

高齢者施設も同様で、利用者は看護師を介護職員の1人として捉えるため、介護職員と同程度のホスピタリティを看護師に求めます。こうした現場では、丁寧な物腰で利用者の気持ちに寄り添うホスピタリティのスキルが看護師に必要となるのです。